ふるさとおこしプロジェクト

MENU
×

OKAYAMA

MAGAZINE ふるさと図鑑

フレッシュタルトのお店 STYLE

岡山フルーツみにたると|フレッシュタルトのお店 STYLE

美味しさの追及から生まれた
みんなが笑顔になるミニタルト

岡山市・問屋町テラスの一角にあるフレッシュタルトの専門店「STYLE(スタイル)」のミニタルトは、サクッとした軽いタルト生地が特長。搾りたての蒜山ジャージー牛乳と質の良いバニラビーンズを組み合わせたこだわりのクリームが、旬のフルーツの味を引き立てる。色鮮やかで愛らしい、五感で楽しめるスイーツは、パーティーや手土産などさまざまなシーンで喜ばれている。

岡山県産のフルーツを、愛らしいスイーツに仕立てる

いろとりどりの見た目も楽しいミニタルトがずらりと並ぶショーケース。フレッシュタルトの専門店「STYLE」のミニタルトは、直径4.7㎝の一口サイズながら一つひとつが華やかで美しい。トッピングには白桃やシャインマスカット、ピオーネ、足守メロン、早雲蜜芋など旬の食材を使用。店頭には約15種類が並び、季節によって入れ替わる。

取り扱っているタルトのサイズは一口サイズ(4.7㎝)から6号サイズ(直径18㎝)まで。店内はイートインスペースも併設。

温暖な気候で育つ岡山県産のフルーツなどを取り入れ、新メニューの開発を手掛けるのはオーナーの三宅昭士さん。「まずは食べておいしいもの、契約農家の方とのやりとりでひらめいたものを、すぐカタチにしてスタッフや家族に試食してもらいます」。

例えば、白桃(親)と早摘みした若桃(子)を一緒にトッピングした「親子もも」。白桃は栄養を集めて大きな実をつくるため、数回の摘果作業を行なう。「若桃は五月桃とも言われるんですけど、見た目は梅みたいな緑色。でも、味はしっかり桃なんです。間引いた桃がそのまま捨てられるのはもったいないので、シロップ漬けにして使ってみたら面白いなと思って」。“親子もも”というネーミングにすることで、白桃ができるまでのプロセスも伝わる。「フルーツ王国と呼ばれる岡山は果物をはじめ食材の宝庫です。旬の食材はもちろん、あまり知られていない食材もタルトを通じて伝えていきたい」と話す。

魅了された洋菓子の世界

三宅さんが洋菓子に興味をもったのは高校生のとき。当初は料理の道を目指していたが、バイト先の洋菓子店でその魅力に引き込まれた。「料理は素材の味を引き出して作るもの。食べると素材や調味料を想像することができるんですが、お菓子って粉と砂糖から作られていて、その工程がよく分からない。ふんわり泡立てた卵と粉からスポンジ生地ができたり、卵白だけでメレンゲになったり、同じ卵でもプリンに使えば固まるし。自分の知らない世界だったんです」。

一人ひとりに合ったスタイルで楽しめる洋菓子店

2015年12月、岡山市内に「STYLE」岡町本店がオープン。三宅さんが店名に込めた思いがある。「お客様一人ひとりのニーズ、スタイルに合った楽しみ方を提供したい。女性はもちろん、男性でも、小学生が一人でも気軽に入れるような、身近にスイーツを楽しんでもらえる店に」。

取り扱う商品は、生地や素材、クリームの組み合わせを変えることで多様に展開できる「タルト」に絞った。洋菓子店の多くは洋酒を使って香り付けをするが、「STYLE」では誰もが食べられるようアルコールを一切使っていない。また、店内に流すBGMはクラシック音楽ではなく、アップテンポなJ-POPに。開放的で親しみやすい雰囲気を大切に、誰もが身近に感じられる洋菓子店を目指した。

何個でも食べてもらえる美味しさを追求

タルトの美味しさはサクサクしたタルト生地と、上の部分のクリームやフルーツ、2つの食感を同時に楽しめること。「STYLE」のミニタルトは、ふんわり軽やかなのでいくつでも食べられると評判だ。「通常のタルトはダマンド生地(アーモンドクリーム)を使うんですが、美味しくてもいくつも食べるとどうしてももたれてしまうので、うちのタルトには使っていないんです。あと、タルト生地のサクサク感を保つために独自の製法でコーティングし、その上にジャージークリームをたっぷり詰めています」。濃厚でコクのあるジャージー牛乳から作られるクリームは、主役の味が引き立つようあっさりした甘さに工夫されている。

また、甘酸っぱいカシス&クランベリーや、完熟マンゴーといった個性ある素材を使う場合は、その魅力を最大限に引き出すオリジナルクリームを考案。「マンゴーは甘酸っぱいパッションフルーツ味のクリームを組み合わせると、その甘さがより引き立ちます。」。ジャージークリームとの2層にすると、さらに味に広がりが生まれる。マンゴーのミニタルトを頬張ると爽やかな風味が感じられ、南国の香りが口いっぱいに広がった。

フルーツのほかに抹茶や大福、きび団子など和菓子を取り入れたユニークなメニューも。「サクサクのタルト生地ともちもちした団子の食感、こしあん入りの大福とチョコレートクリームとの組み合わせ。ちょっと想像できないかもしれませんが、一口で食べてみると意外にぴたっときて美味しいんですよ」。固定概念にとらわれず、発想を楽しむことでほかにないものを生み出そうという“遊び心”が感じられる。ミニタルトの評判は口コミで広がり、JR西日本の観光列車「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」の車内販売にも登場している(要予約)。

旅するせとうちスイーツBOX
La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)車内でしか味わうことのできない贅沢なミニタルト5個セットの販売です。オリジナルBOXが旅の記念にもなる、せとうちの魅力が詰まった逸品です。 ※ミニタルトの内容は季節によって異なります。
ご注文はこちらから

食べたら笑顔になるミニタルトの魅力を発信

年齢や性別に関係なく、みんなが笑顔になれる店。自分のスタイルで楽しめるスイーツを――。その思いは店で働くスタッフにも注がれている。自身の経験から、飲食業の労働条件の緩和を強く願ってきた三宅さん。「働きやすい環境を整え、スタッフには楽しい気持ちで働いてもらいたい」と話す。

音楽好きなスタッフの中平知佳さんはBGMの選曲も担当。

スタッフの冨田智津美さんは、友人にもらったミニタルトを食べて「STYLE」のファンになった一人。新メニューが出ると、必ず買って試食しているという。「いつも新しい発見があります。今の季節はシャインマスカットが美味しいです」。

選ぶのに迷ったときは、親切なスタッフが相談にのってくれる。「実は甘いものが苦手」と話すスタッフの大藪寛美さん。
「でも、『STYLE』のミニタルトはクリームが甘すぎないので大丈夫です。私のおすすめはマンゴー。さっぱりとした後味がおいしいです」。

ちなみに、問屋町テラス店ではオープン時から「生チョコ」が一番人気なのだとか。「贅沢な生チョコを1個から買えるスペシャル感があるので、自分のご褒美に買うお客様もたくさんいらっしゃいます。個人的なおすすめはレアチーズ。おいしいですよ」。

宝石のような輝きの中に、こだわりとアイデアが詰まっている「STYLE」のミニタルト。今しか楽しめない味を求めて足を運んでみたい。

(2019年9月取材)

information

  • フレッシュタルトのお店 STYLE
    問屋町テラス店

    住所:岡山市北区問屋町15-101[Google マップ
    最寄り駅:JR山陽本線 北長瀬駅
    TEL:090-1358-5177
    営業時間:10:00~20:00
    定休日:年中無休
    https://freshtart-style.com

    本店

    住所:岡山市北区岡町6-9[Google マップ
    最寄り駅:JR宇野線 大元駅
    TEL:086-221-5177
    営業時間:10:00~20:00
    定休日:年中無休

    さんすて岡山店

    住所:岡山市北区駅元町1-1 さんすて岡山南館[Google マップ
    最寄り駅:JR岡山駅
    TEL:086-212-2455
    営業時間:10:00~21:00
    定休日:年中無休

  • Instagram
  • facebook

関連記事