ふるさとおこしプロジェクト

MENU
×

TOMONOURA

MAGAZINE ふるさと散歩

癒しの港町「鞆の浦」で出会うフォトジェニックな旅

広島県福山市にある「鞆の浦」は、のどかな情景や古くからの街並みがとっても魅力的な港町。映画のロケ地やアニメの舞台にも選ばれたこの町は、フォトジェニックな風景を探す女子旅にも。 癒やしのパワースポット「仙酔島」への舟旅も楽しみながら、鞆の浦をくまなく旅します。
「ノスタルジックな港町をめぐる瀬戸内海の船旅「尾道~鞆の浦(海の道)」(第3回ふるさとあっ晴れ認定品)

猫モチーフがかわいい、鞆港(バス停)からスタート

バス停を降りたらすぐそばに港が広がっています。潮風がとても気持ちいい。
鞆鉄道株式会社(詳細情報)

歴史ある港をぐるり。鞆の浦史跡巡りガイドツアーへ

鞆港バス停から徒歩約5分で福山市営渡船場の待合所へ到着。土・日・祝日限定の史跡巡りガイドツアー(無料)に参加します。 鞆の浦の歴史についてお話を伺いながら、港沿いのコースをゆったり散策。鞆の浦のシンボル、江戸時代から残る石造りの「常夜燈」は日本最大級のもの。 ノスタルジックな風景に癒やされます。

古民家や蔵が並ぶ、風情ある町歩き(重要伝統建造物群保存地区)

「常夜燈」のある港から路地に入っていくと、江戸や明治の時代から変わっていないという風情たっぷりな町並みが続いています。古くから鞆の浦で作られている薬用酒「保命酒(ほうめいしゅ)」の蔵元だった立派な「太田家住宅」に歴史を感じます。
鞆の浦観光情報センター(詳細情報)

まるで絵画のような眺め。絶景スポット「対潮楼」

次は福山市営渡船場より徒歩約5分、「福禅寺」に到着。本堂に隣接する、江戸時代に建てられた客殿「対潮楼」から絶景が見られる。海に向かって開け放たれた一角には、鞆の浦と島々が織りなすまるで1枚の絵のような絶景が広がっています。
対潮楼(詳細情報)

「御舟宿 いろは」で、鞆の浦の名物料理を堪能

店内に入るとレトロなステンドグラスがお出迎え。差し込む光がとてもキレイです。「鯛いろは漬け御膳」(1,450円)を注文。お酒や昆布に漬け込んで熟成させた鯛は、うま味が詰まっています。最後にご飯に乗せてお出汁を注ぎ、鯛茶漬けも楽しめます。贅沢な味わいに大満足。
御舟宿いろは(詳細情報)

江戸時代からの伝統を今に伝える、岡本亀太郎本店

「御舟宿いろは」より徒歩約5分で「岡本亀太郎本店」に到着。江戸時代からの伝統を引き継いだ、おおきな龍の看板が存在感たっぷりです。
「梅太郎」「杏子姫」「生姜ノ助」の3種類の保命酒を試飲。 中でもおススメは、フルーティーな酸味と甘みで女性にも人気の「杏子姫」。アイスやケーキなど、手作りスイーツの香り付けにもOK。 とても飲みやすいのでお土産にもぴったり。
岡本亀太郎本店(詳細情報)

ノスタルジックな港町をのんびり散歩

「平成いろは丸」に乗り込んで仙酔島へ出発

岡本亀太郎本店から徒歩約10分、「福山市営渡船場」に到着。 かつて坂本龍馬が乗っていた蒸気船を再現して作られた「平成いろは丸」に乗って仙酔島に向かいます。デッキから見える、仙酔島や弁天島を見渡す景色が気持ちいい。
平成いろは丸(詳細情報)
福山市営渡船時刻表(福山市・観光課)(外部リンク)

自然あふれる仙酔島でパワースポットめぐり

龍神橋から海岸沿いの遊歩道を進み、徒歩約15分で五色岩に到着。斜面の岩が淡く色づいて黒・赤・青・黄・白の5色になっている不思議な場所で、パワースポットのひとつと言われています。

日本でここにしかない!不思議なエネルギーを持つ岩。

渡船で約5分の「仙酔島」は「仙人も酔ってしまうほど美しい島」と言われ、自然が作りだすこの島独特の風景が魅力。

鞆の浦を一望できる「御膳山展望台」

五色岩から徒歩約20分、「御膳山展望台」へ到着。弁天島の向こうには鞆の浦の港町が見渡せます。
仙酔島(詳細情報)
ふくやま観光・魅力サイト(外部リンク)

海が見えるカフェ「SHION」でひと休み

福山市営渡船場から階段で2階へ上がると「展望カフェ&ギャラリーSHION(潮音)に到着。 海と島が見渡せるステキなロケーションのカフェです。
鞆の浦がおしゃれなイラストになった塗り絵カードがありました。 ペンや色鉛筆が用意されていて、窓の外に広がる海の色を塗りながらドリンクを待ちます。
「広島のみかんジュース」(400円)はたっぷり使用した広島産のみかんが甘酸っぱくておいしい。福山産の生姜シロップを使った「ほっとジンジャーミルクチャイ」(500円)は、ふわりと広がるジンジャーの香りと柔らかい甘みのバランスが絶妙です。
展望カフェ&ギャラリーSHION(潮音)(詳細情報)

アートをテーマにしたオシャレな観光列車で尾道へ

瀬戸内のアートをテーマにした観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」が、「ラマル しまなみ」として岡山駅から尾道駅まで運行。 高級感あふれる車内にはこの列車でしか楽しめないグルメもグッズも。せとうちのステキなものが詰まったアート列車です。
観光列車La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)Photo Gallery(特設サイト)

海と山々に囲まれた坂の町「尾道」。

千光寺山からの絶景や坂の路地で出会う猫たち、古い建物をリノベーションしたおしゃれなお店など魅力あふれる箱庭のようなスポット。しまなみ海道サイクリングの入口としても人気。

尾道~鞆の浦へゆったり観光クルージング

春から秋にかけてオススメは、尾道駅前桟橋桟橋と鞆の浦を結ぶ観光クルーズ船! 日本遺産にも認定されている尾道水道(尾道ー鞆の浦航路)を約1時間かけて航海する人気のプランです♪
尾道駅前桟橋を出発し、尾道と向島とを隔てる「尾道水道」を優雅にクルージング。
しまなみ海道新尾道大橋の真下をくぐったり、岬の先に建つ阿伏兎観音を間近で眺めたり、クルージングならではの楽しみがいっぱい。鞆の浦へは海からのアプローチもオススメ。
(3月~11月までの土・日・祝日運航:10/28運休)
※運航日要確認
瀬戸内クルージング(詳細情報)

information

掲載情報は2018年2月16日配信時のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事