ふるさとおこしプロジェクト

MENU
×

2017年2月/第7回 ふるさとあっ晴れ認定

西粟倉村

うめぇもん

No.103

ablabo. (アブラボ)

手搾りオイル

旬にいただく植物の命、一滴一滴を大切にした搾りたてのオイル

あっ晴れ!大賞 ふるさとあっ晴れ認定

西粟倉村の自社工房「ablabo.」で油の研究を重ねているのは、代表の大林由佳さん。美味しい油との出会いに運命を感じ、94歳の油職人に弟子入りした後、平成28年に工房をオープンした。目指しているのは、おいしいご飯を作るための、美味しい油。菜種やツバキ、ヒマワリの種など国内産の原料を厳選し、化学物質は一切添加しない。一滴一滴を大切にしながら、素材が最も美味しい時期に搾った油を届けている。搾りたての新鮮なものほど体に良く、美味しい。油にも旬があり、鮮度が命だということを教えてくれる。

●ablabo.

岡山県英田郡西粟倉村長尾1435-2

http://ablabo.org

この記事をシェアする

  • facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事