ふるさとおこしプロジェクト

MENU
×

2016年2月/第4回 ふるさとあっ晴れ認定

倉敷市

えぇもん

No.047

髙田織物 株式会社

畳縁/畳縁グッズ

畳縁のトップメーカーが手掛ける多彩な畳縁や小銭入れ、ベルトも人気

あっ晴れ!大賞 ふるさとあっ晴れ認定

畳縁とは、畳の長手方向に付けられた布のこと。児島にある明治25年創業の「髙田織物」は、日本で35%以上のシェアを持つ畳縁のトップメーカーで、国内で初めて柄入りの畳縁を製造した。昔は黒や茶などの単色しかなかったが、織りにこだわる伝統を守りながらも、現在は鮮やかな色柄の畳縁を生み出している。クラシカルからモダンまで、約1,000種類をラインアップ。手芸の素材として使う方も多いそうだ。畳縁グッズもバリエーション豊富。武将の家紋や干支の絵柄入りの小銭入れ、アーガイル柄のベルト、水玉のカードケース、畳縁とデニムを使った畳縁鮫など、細部まで創意工夫にあふれている。耐久性に優れているので長く愛用でき、使うほどに馴染んでくるのも魅力。

●髙田織物 株式会社

岡山県倉敷市児島唐琴2-2-53

Tel 086-477-7162

http://www.ohmiyaberi.co.jp

●TATAMI-BERI FACTORY SHOP FLAT

Tel 086-477-6777

http://www.ohmiyaberi.co.jp/flat.html

  • Instagram
  • facebook

関連記事