ふるさとおこしプロジェクト

MENU
×

2018年11月/第11回 ふるさとあっ晴れ認定

瀬戸内市

えぇとこ

No.151

備前長船刀剣博物館

備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館

火花飛び散る古式鍛錬は迫力満点
刀剣の魅力伝える博物館

あっ晴れ!大賞 ふるさとあっ晴れ認定

日本刀の産地として栄えた長船町にある、全国でも珍しい日本刀専門の博物館。備前地方は平安時代末期から鎌倉・室町時代にかけて名工を輩出しており、国宝や重要文化財に指定されている刀剣の約半数が備前で作られたものである。中でも長船地区は「鍛冶屋千軒」と呼ばれるほど刀鍛冶が集積した地。館内には常時約40口が展示されているほか、敷地内の工房と鍛刀場には日本刀の刀身を作る「刀匠」をはじめとする伝統美術工芸の技を受け継ぐ「職方」たちが常駐し、日本刀を作る様子を公開している。第2日曜には1200度の高熱で玉鋼(たまはがね)を打ち延ばす「古式鍛錬」の見学が可能。“相槌を打つ”という言葉の語源となった作業で、火花が飛び散る様子は迫力満点。ほかにも工芸製作講座やペーパーナイフ製作講座、日本刀の手入れ講習会など開催している。

●備前長船刀剣博物館

瀬戸内市長船町長船966

Tel 0869-66-7767

http://www.city.setouchi.lg.jp/token

  • Instagram
  • facebook

関連記事